月日の早さを改めて感ずる昨今です。私が癌を宣告され手術をし、一年二ヶ月無事過ごす事ができました。これも家族や社員の皆さん、多くの人に支えられ今があることに感謝する思いです。しかし、体重は18kgも減り、体力も落ちていることは事実です。これからの人生を、癌と向き合い、事実を受け止めた上で、意義ある人生を歩んで行きたいと思います。我が命は、自分だけの命ではない。自ら体験したことを多くの人に語っていきたいと考えております。
ところで、癌の予防には、血流を良くし、冷えの改善が大変重要と言われます。琉球温熱療法の屋比久先生の文章によりますと、温熱療法は血流の促進や体温の上昇が期待できるだけではなく、低線量のラジウム効果による癌抑制作用が見込め、究極の癌予防対策になるそうです。もちろん食べ物も大変重要です。生姜、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、にんじん、レンコンなど、体を温める食材を積極的に食べることが、効果的だそうです。冷たいドリンクや白砂糖入りのお菓子などは、体を冷やす食品とされ、極力控えた方が良いと言われています。ストレスを溜めないように心掛けること、運動をして筋肉を鍛えることも大切です。人間の体では、最も熱を発生させるのは筋肉だからです。女性が男性と比べて冷えやすいのは、筋肉量が少ないからと言われます。私は体力が落ちたことにより筋肉が減り、手足の冷えを感じております。ダイエットを間違えて筋肉まで減らしてしまっては、健康に影響が出てくるのは間違いありません。良い家庭生活が健康の基本と心掛け、健康維持増進に努力していただきたい。

| 2013年3月22日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2013年3月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター