この度、家族三人で訪れた沖縄で、琉球温熱療法の院長先生に、三人とも血液検査をしていただいたのですが、その結果、私の血液は数多くの問題を抱えていることが判りました。院長先生に「倒れてからでは遅いのです。もっと体を大切にして下さい」と厳しく指導を受け、家族三人で行く予定であった石垣島の旅を私一人取りやめ、ホテルで休養する羽目になりました。少々健康に対して過信していたと、反省させられた次第です。私に限らず、現代を生きる人達は、多くの身体的・精神的にストレスに晒されて生きていると思います。ストレスは生活習慣病をはじめ、多くの病の原因になっていると言われています。ところで、琉球温熱療法は新陳代謝をアップする目的で考案された技法で、自律神経系及び、免疫系の機能をバランス良く調整するものです。例えば、癌は、体を冷やすのが最も危険と言われています。健康な人も、心や体にひずみを持つ人も、琉球温熱で癒され、免疫力を高めることで癌の進行を止め、余命半年と言われた人達が、半年を過ぎても元気でいるとのことです。私は、琉球温熱療法の院長先生との出会いで、元気と勇気を頂きました。心から感謝する沖縄の旅でした。
さて、人間の体は六十兆個の細胞からなっています。血液が汚れていると、血流が滞り、六十兆個の細胞の隅々に、十分な酸素や栄養が運ばれなくなってくるそうです。老廃物がいつまでも細胞の中に留まると、細胞の活性化を著しく低下させるそうです。また、飛行機内では、細胞が酸素不足になることで、体調を崩すとも言われます。そうならないために、血液と血流が大切と指導を受けました。最近の若い人達は、体温が低い人が多いと聞きます。平均体温は36度5分前後が理想と言われます。皆さんも気をつけ体温を測っていただきたい。体温が1度下がると免疫力が30%低下すると言われています。

| 2013年2月25日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター