今年は十二支の巳年にあたりますが、蛇は二ヶ月に一度、脱皮すると言われています。そこで、巳年にあやかり、また、今年は創業から数えて節目となる51年を迎えることから、私自身、今年は生まれ変わる年と位置づけ、私にとっては第二の故郷とも言える沖縄を家族三人で訪ねて参りました。訪問の一つの目的は、当社の社長が勧める、東洋医学の琉球温熱療法の院長先生に、健康についてお話を伺う事でした。先生のお休みにされている日にも関わらず、2時間に亘り、栄養学についてご指導頂き、食生活の大切さを改めて感じ学ばせて頂きました。私は、これまで病院に幾度となくお世話になってきましたが、西洋医学では検査のために採血をした場合、その検査結果についての説明と処方箋を頂くものの、食生活について具体的に心掛けるべき指導を詳しく受けた記憶はありません。この度、受診し治療を受けた琉球温熱療法の院長先生から、私の健康増進に必要な栄養補給について、こと細かくご指導いただきました。タンパク質が不足していることと、その為に何を採る事が必要なのかをしっかり学びました。指導いただいたことを実践し、三ヶ月先、半年先の体の変化を楽しみに、一日一日を大切に過ごしていきたいと考えております。院長先生は、「血は命なり」と何度も言われております。東洋医学では、「万病一元」と言う格言があります。すべての病気は、血液の汚れから生じると言う意味です。血液こそ命の根源です。血液は人の健康を映す鏡です。

| 2013年2月22日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター