私は事業を創めて50年、一度として病気にかかることなく元気で走り続けて来ました。まさか癌にかかるとは夢にも思いませんでした。人生には登りもあれば下りもあり、まさかと言う坂もあると言われるように、長い人生には何が起きるか分からないのが人生であるのです。早期発見であったお陰で元気で過ごしております。一方、悩み苦しみも味わった事で、他人の心の痛みも理解することが出来ました。現代医療では、病気と診断されて初めて治療が始まります。本来なら未病、すなわち病気の芽が育っている段階で治療を受けることが大変重要ですが、自覚症状がなければ病院に行く気にならないのが普通です。日野原先生の言葉に「医師や薬に頼る前に、まず自分で努力してみよう、という考えをもって人生を歩んでいただきたい。特に生活習慣病は努力次第で発病を食い止める事が出来る」と言われております。癌と同様、増え続けているのが糖尿病と言われています。糖尿病と診断を下されても、痛みや不快感など症状がない為、安易に考えている人が多いと言われます。放っておくと合併症を発症し、命の危険にさらされる怖い病気と言われます。私の友人は血糖値が高く、インシュリンを30年に亘って打ち続けております。健康を維持し、仕事には支障なく頑張っておられます。食事は玄米を基本として、ご飯に加熱した山芋を混ぜて食べるだけでも、習慣として長く続ければ血糖値は下がり、肥満防止にもなると言われています。私は胃を全摘したことで食事の不自由さを感じております。しかし、量は少ないのですが、外食はほとんどすることなく、家内の手料理に感謝し元気で過ごしております。改めて健康の大切さ、ありがたさを感じております。社員の皆さんの健康は私の宝物です。くれぐれも気を付けていただきたい。

| 2013年2月13日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター