私がブログを書き始めて十年になるかと思います。ブログは私の日記帳であり社員の皆さんとのコミュニケーションツールの一つと思って書き続けております。
会社とは、生まれも育ちも違う人から成る集団です。そのような組織の中で、価値感の共有をしろと言っても無理なことでもありますが、企業の繁栄は、社員一丸となって価値感を共有すること、それなしでは出来ません。それにはまず自分の思いを伝えることの大切さを身をもって感じております。同じ方向に向かって全員の力を結集しなければ会社は生き残っていけないのです。会社というのは、実は売上不振や不渡手形とかの外的な原因で潰れる訳ではありません。社員の意識がバラバラで信頼関係もない、そのような状態をきっかけに会社がだめになっていくのです。会社はプロフェッショナルたちの競争社会の中で生きているのです。競争に負ければ多くの社員や家族を路頭に迷わすことになるのです。戦後の日本の経済を支えて来た家電産業は、国際社会で遅れを取り大変厳しい状況にあり、リストラによって生き残りをかけています。
会社は仕事の出来る人や意欲のある人の育成に努めることが大切です。如何なることにも前向きに戦う姿勢を見せず困難から逃げる人は必要としない時代を迎えております。常に挑戦し成功し結果を出す人財でなければ、社内社外を問わず信頼をいただくことは出来ません。一方、上司が部下に無理を言うのは、部下を育てようとしている事であると意識していただきたい。部下は仕事をやり遂げることで会社の繁栄に繋がり、上司との信頼関係を築いていくのです。信頼を得るには自らの意見をハッキリと伝えることが大変重要です。

| 2012年12月12日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年12月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター