野田総理が14日の党首討論の結果、16日に衆議院を解散し、総選挙へ突入しました。民主・自民・公明の党首会談で「近いうち」解散の合意から三ヶ月に及んだ解散決議は、衆議院本会場に届いた万歳三唱とともに幕を閉じました。与野党政権交代をかけた選挙戦に突入し、12月4日に公示、16日に都知事選と同じくして投票が行われることが決まりました。景気回復の足がかりを作り、日中・日韓の領土問題に力を注ぎ、来年は少しでも良い年に成るように願うばかりです。
経済に目を向けますと、トヨタ自動車が今年75周年を迎えましたが、今月初めに本社にある創業者の銅像の前で、豊田社長は役員とともに「我らが現役の時に花が開かなくてもいい、先人たちがそうだったように次の世代のために頑張ろうと誓った」と報道されています。戦後不況、石油危機、米国との貿易摩擦、円高などトヨタの歴史をひもとくと苦難のない時代は一度もありませんでした。今後も一つ一つ問題を乗り越えながら、その度に収益力を鍛え上げるトヨタ流で次の25年を地道に愚直に少しずつ大きな花を咲かせていく方針とされています。厳しい国際情勢の中に、トヨタが11月5日に発表した2013年3月期の連結営業利益予想は、前年同期比3倍の1兆5000億円です。この数字は従来の予想に500億円を上乗せしたと言われます。2年前に米国での大量リコールに揺れ1000万台の回収に追われ、信頼は地に落ちたが諦めなかったと言われております。振り返るとリコールの際に豊田社長が、涙を流し記者発表をしていたことが思い出されます。当社の社長が幹部の皆さんに日経新聞を読みなさいと厳しく指導しておりますが、正に新聞は情報の宝庫です。政治・経済・文化・国際問題など過去と現在、更に未来を知るために新聞を読み自らを磨いていただきたい。

| 2012年11月21日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター