健康の基本は、快食・快眠・快便が大切であると身を持って感ずる昨今です。私が不治の病にかかり胃を取り脾臓・胆のうを取るという大病にかかりながらも元気で日々過すことが出来るのは会社が健全な経営をしていることにあります。それは社員一人一人の頑張りによっています。心からお礼を申し上げます。日本の経済はバブルが弾け20有余年、回復の兆しが見え始めた頃、リーマンショックで円高が進み、ヨーロッパ経済の不況、中国との尖閣諸島問題により一層厳しさが増しております。歴史を訪ねますと、戦国時代の武将、山中鹿之助が「われに七難八苦を与えたまえ」と祈ったという逸話があります。戦後の厳しい時代を乗り越え経済発展を遂げてきた日本ですが、繁栄と共に一方では国民の心の脆弱さを感じ教育の大切さを感じます。家庭であれば親の姿勢、会社であれば経営者の企業姿勢にあり、国であれば国家国民のための政治姿勢にあります。国を代表する政治家が目先の政治状況に右往左往するのではなく、十年先、二十年先の日本は如何にあるべきかを考え政治を掌っていただきたいと思います。昨今の日本では、できればあまり苦労しないで楽しい生活を送りたいという人が増えて来ております。苦難と闘ってこそ幸せを得ることができるのです。今は戦国時代のように命のやり取りをする厳しさはありません。しかし、ビジネスにおいては、それに似た状態にあるのです。変化は厳しく市場も縮小してきています。企業が存続してこそ、社員の生活や家族を守ることになるのです。平穏無事な環境の中で自分を鍛えることは出来ません。困難に立ち向かっていく気概が必要な時代と心して、頑張っていただきたい。

| 2012年11月 9日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター