戦後67年、世界経済は大きなうねりを描き日本の政治経済は大変厳しい時代を迎えております。このような厳しい時代を生き抜き勝ち残り100年続く企業にするためには、社員一人一人の進化なくして生き残ることは出来ません。その為には、常にお客様のお役に立つには如何にあるべきかを考えることの出来る人であっていただきたい。幹部社員に一番大切にしていただきたい言葉は、論語の「信・義・仁」です。これは如何に時代が変わろうと不変の法則として受け継がなければいけない言葉ではないでしょうか。「信」とは、人の信頼や社会の信頼を裏切らずに守ること。「義」とは、自分の良心に照らし合わせ正しい事を行うこと。「仁」とは、私利私欲によらず相手の立場になって物事を考える思いやりの精神のことで、自他至福の精神を忘れないでいただきたい。優秀な営業マンに共通するのは、常にお客様に喜んで頂く営業とは如何にあるべきかを考えていること、そして、常に笑顔で明るく爽やかに大きな声で接客する姿勢です。上司がしっかり部下の行動を見て指導に当たることが出来ているかが重要課題であるのです。営業の皆さんにおいては、売上目標の達成が厳しい時代を迎えております。このような厳しい時代こそ、お客様からご紹介を頂くことが大切な時代ではないでしょうか。ご紹介をいただくには、お客様との信頼関係なくして出来ません。営業の皆さんの心得として大事なことは、お客様の要望に答え、時には積極的にご紹介をお願いする意識を持つことです。その為にはお客様のお役に立つ努力が必要です。厳しい過当競争の時代です。このような時代こそ、企業として信頼を得ることが大切な時代ではないでしょうか。

| 2012年11月 2日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター