今年の流通商福祉防犯協力会の旅行は沖縄本島で開催しました。当日は台風21号が沖縄本島に上陸するという情報の中、予定通り出発し那覇空港に無事到着しました。激しい雨風に首里城の観光は予定通り行ったものの、観光はそこそこに済ませホテルにチェックインし台風の通過を待つという一日でした。二日目は午前中は風は強いものの、午後はすっかり晴れ上がり美ら海水族館やオリオンビールの工場見学が出来ました。工場では工場長様はじめ皆さんの心遣いのある接待に感謝する思いでした。また、ゴルフ組みも全員無事プレーを終え、夕刻楽しい懇親の集いを行うことも出来ました。その後、若い皆さんは仲間を連れ立って夜の町へ繰り出し楽しい一時を過された様子でした。三日目は大変素晴らしい天候に恵まれ、ひめゆりの塔や平和記念公園を見学し、戦中戦後の沖縄の皆様の苦労を写真や語部の方を通じて知ることが出来ました。1945年6月に90日間に及んで沖縄戦が終わりました。激しい砲撃戦で変わり果てた大地には十数万人の死体が横たわっていた様子で、沖縄県民の4人に1人が亡くなるという悲惨な戦いでした。戦中戦後の先人の皆さんの苦しみは幾ばくであったのかと思うと、私達は二度と戦争を起こしてはならないと強く心する思いです。
当時の師範学校生徒の思いが展示室に掲示されている1ページを紹介し、2泊3日の沖縄の旅を終えたいと思います。
「太陽の下で大手を振って歩きたい。水が飲みたい。水、水、お母さん、お母さん、学友の声が聞こえます。私たちは真相を知らずに戦場に出て行きました。戦争は命あるものを殺すむごいものです。私たちは1人ひとりの体験をとおして知った戦争の実体を語り続けます。」
恵まれた時代に生きる我々は、当時のことをしっかり心して生きたいものです。


 

| 2012年10月24日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター