日々の生活の中で、私は「マンネリ」になっていると感じることがあると思いますが、それは仕事に取り組む意欲が衰えている時であると自覚することです。社内の人間関係だけでは、刺激もなくなりマンネリ感が付きまとうことになります。時には行動範囲を広げるために一歩踏み出す努力が必要です。社内において己を磨くには、上司との交流を活発に行うことも大切ですが、ビジネスマンとして社外の人脈は貴重な財産であるのです。自分とは異なる経験を持つ人や世代が違う人などと一緒に過すことが重要です。自分が「井の中の蛙」であったことに気付かされるはずです。セミナーや業界の会合、知人の結婚式などで同席した人達と積極的に挨拶し名刺交換することでお付き合いの範囲を広めることが出来るのです。
先般も当社のお客様の結婚式に社長と共に出席させていただきました。社長が積極的に名刺交換している姿勢に心を癒す思いでした。そして次には名刺交換した相手に電話し積極的に行動する努力が大切です。特にリーダーの使命は、お客様であれ、仕入先メーカーであれ、多くの人との出合いを求め己を磨いていただきたい。そのような接触を面倒に感じ、いつも社内のメンバーと飲んでいることに安心しているような時は自分を変えようという意欲が衰えている証拠と自覚し、逆に行動範囲を広げるよう積極的に計画を立て実行していただきたい。有力なお客様には訪問回数を増し、お客様から「たまには飲みに行こう」とお誘いを受けるような努力が大変重要です。自社内の価値観だけで考え行動していても限界があることを知ることが重要です。

 

| 2012年10月22日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター