組織が大きくなるにつれ自分一人でできることには限界があり、チームワークの大切さを一層感じる昨今です。それには、お客様のお役に立つには何が問題かを明確にしリストアップすることです。問題には必ず原因があり解決策を考えることが必要です。
私が商売を始めた頃は、商品の確保が大切であり品物があれば売れた時代でもありました。その為には品物を確保し如何に商品を供給するかが大切でした。今日の社会は品物が溢れ、何を持ってお客様に喜んで頂き信頼を勝ち取ることが出来るか大変厳しく難しい時代でもあります。社員一人一人がお客様の期待に応えるために、如何にあるべきかを考え行動し、接客についても意識し対応できているかと検証することが必要です。お客様の期待も要求も大きく変わって来ているのです。商品・販売方法・価格も大切ですが、納品の方法についても大きく変わり、今以上にお客様に支持されるための課題は山ほどあります。
営業マンであれば、お客様を訪問した場合は、常に感謝する精神を持ち、明るく元気で爽やかに挨拶や会話をするという心掛けが大変重要です。働くということは、お客様の期待に応えることであると意識し、お客様のお役に立っていただきたい。
繁盛しているホールは必ず繁盛する原因があります。外部要因で会社が崩壊するのではなく内部要因で崩壊すると意識し、厳しく我を見つめる風土の大切さを感じます。

 

| 2012年10月17日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター