リーマンショック以降、日本は円高が進み輸出産業は大変厳しい時代が続いており、国難とも言える経済状況です。大手の下請けと言われる企業や中小企業は廃業を検討し始めていると言われます。2014年には消費税が8%、翌年は10%に増額され厳しさは一層増し、ホール業界においても廃業に追い込まれるホールが増えるのではないでしょうか。このような時代こそお客様のお役に立つ企業を目指すことが大変重要です。
松下幸之助の言葉に「好況よし、不況さらによし」とございますが、ホール業界は50有余年、右肩上がりで発展の道を歩んで参りました。当社は創業から50年、恵まれたホール業界に身を置き、歩調をそろえて発展の道を歩んで来ることができました。しかし、長い間には悪い時を乗り越えなければならない時期が必ずあります。日本には春夏秋冬といった四季があるように、樹木には寒さに耐えて成長する年輪があり、それは人や会社にも当てはまります。不況は会社にとっては本物に生れ変わるチャンスと意識し、改善に努め体を筋肉質にして体力をつける機会であると、全社員が共通認識を持ち職場の改善に努めていただきたい。また、営業マンがお客様を訪問する際は、お客様のお役に立つには如何にあるべきか常に考える風土の大切さを感じます。経営者や上司がいつまでも指示命令しているようでは、考える習慣は身に付かないのです。社員一人一人が自分の頭で考え、自分の意見を上司に伝え共有することです。失敗すればすぐ改めるなど常に自ら改善に努めることを繰り返すことで、考えることが習慣になるのです。挑戦するということは失敗もあります。しかし、挑戦しなければ失敗も成功もなく自らの成長も無いのです。

 

| 2012年10月12日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター