戦後67年、私は高度成長期を体験して参りました。バブルが弾け20有余年、大変厳しい時代が続いておりデフレスパイラルの恐ろしさを知る思いです。政治においては、一国の総理の一言一句の重さや国際社会における責任の重大さをしっかり自覚し発言することの大切さを感じます。
私達は日常における「わかる」と「できる」とは違うと意識して行動しているでしょうか。人生において大切なことは、因果応報の言葉のとおり、長い人生において良い原因なくして良い結果を得ることはできないと言うことです。日々の行動に厳しく取り組む姿勢こそが自らの成長であり、会社の発展に繋がり、自らの幸福に繋がると意識し行動していただきたい。リーダーは、どんなに素晴らしいことを発言しても、どんなに立派な目標を掲げても大切なのは自らの果たす役割とは何かを自覚し行動することです。計画書を作るのも企画書を練るのも仕事ですが、実行に移して初めて仕事であると自覚していただきたい。お客様との取引契約においては、一生懸命努力するが成功しないこともあります。成功するか失敗するかは別の問題として、行動を起こすことがまずは大切であり、厳しい社会で求められている人財の条件であるのです。
言葉や意識だけでは何も変わらないのです。リーダーは組織をまとめ自らが先頭に立ち行動することです。多くの人は自分の果たす役割を分かっているが行動できないことに気付いていない人が多いのです。本当に「わかる」と言うことは行動が変わることです。周囲の人から「彼は、ずいぶん変わったね」と、言われる人であっていただきたい。

 

| 2012年10月10日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター