バブルが弾け20有余年、未だ回復する兆しはなく、大手企業と言われる上場企業が資産売却し再生に当たるといった厳しい時代を迎えております。ビジネスのやり方や雇用のあり方もどんどん変わってきました。大手企業だけでなく中小企業も含めて、企業が人を抱えない経営に変わって来ております。必要とする社員だけを雇用し、出来るだけアルバイトを採用する時代に来ております。
当社においては、社員であれアルバイトであれ常に会社が必要とし必要とされる人こそ従業員としての人財と考えております。社員にも貢献度の高い人財と単純な仕事に明け暮れ一日を終えている人も多くいることと思われます。会社や職場の風土は、貢献度の高い人財を育てるという部下を育成しようとする上司の意識にあると思います。退職する社員にも能力を惜しまれ何度も何度も慰留され思い留まるように説得される人がどれだけいるでしょうか。他にも会社はいくらでもある、募集広告も沢山あり自分の能力を認めてくれる会社はいくらでもある、と甘い考えで退職するようでは、自分の成長はなく、転職を繰り返す外はないと思います。会社に必要とされる人になるために、思考力や知識を身に付け、人生における仕事のゴールは何処にあるかを考え、職場で必要とされ能力を発揮できる人財として成長していただきたい。今の職場で貢献できると言うことは、たとえ業種や会社が変わっても、社会人として必要とされる人財であることは間違いありません。

| 2012年10月 3日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター