創業50年、家内共々無我夢中で走り抜けて来た思いです。私が今一番に心を癒すのは、社員の皆さんの成長であり、仕事に取り組む姿勢、前向きに愚痴をこぼさず一生懸命に頑張っている姿を見ている時です。そして私が病に遭遇したものの元気で仕事が出来ることが養生に繋がっており、心から感謝する思いです。この世に生を受け、何人たりともいずれ迎える死に向かっていることも事実です。そのために私は、目標を持ち一日一日を大切にし、今できることを精一杯・前向きに取り組み、社会の役に立つことについて自問自答する日々を過しております。
また、私が気付いたことをブログに書き添えるのも一つと思い、書き続けております。「過去にこだわる者は未来を失う。未来を語ることが好きです」の精神で、自らにムチを打っております。
時代も高度成長期と異なり大変厳しい時代を迎えております。「入りを計り出ずるを制する」という精神の大切さを身を以って感じております。経費の無駄遣い等のコスト意識を持ち、一方社員に夢や希望を与える会社でなくてはいけないと思います。コスト削減には限界もありますが、人件費や家賃など売上に関係なくコストはかかります。コスト意識を持ち行動することが企業の発展にかかすことのできない大切な要素です。また、自分が受け取る給料についても、給料に見合う貢献をしているか、どれだけの利益を上げているかを考え行動することが大変重要です。
その為には自分がどのような行動で会社に貢献していくのかと、実行すべきことを書き出して見るのも大切ではないでしょうか。そして、毎日書き出した項目を確実に実行することが自らの成長や会社の発展に繋がっていくのです。

| 2012年9月14日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年9月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター