一年間を振り返るために、家内と友人二人で2泊3日の予定にて日曜日に韓国ソウルへ出発しました。1日目はお天気に恵まれ、家内は私の健康に良い黒にんにくや漢方薬の買物に、友人は昔懐かしい風情を楽しむために出掛けました。夜は友人の居酒屋に行き、その後はおでん屋さんで食事をし、韓国ならではの楽しい一時を過ごしました。
2日目は車で1時間くらい移動し、緑豊かなイチョンという田舎に出掛けました。ここは当社の創立30周年の時に、当社が韓国の皆様に支えられて30年を向かえることが出来たことを記念し、韓国の白磁の花瓶を焼いていただいたところで、この懐かしい町を訪問し楽しく昼食をとりました。その後、リゾートホテルにチェックインしたところ、テレビを通じ台風の情報を知りました。明日韓国に台風15号が上陸すると確認し、急遽帰国の準備をし、最終便で帰ってくることが出来ました。そのため韓国の友人には大変迷惑を掛けてしましました。しかし、予定通り行動していたら帰国日に飛行機は欠航し帰る事が出来ませんでした。先を読む判断の大切さを感ずる旅でもありました。
日本と韓国は竹島の領土問題で揺れ動いております。韓国の国民は子供の頃から竹島は我が領土であると教育され、実行支配している大統領が竹島に上陸することになんら問題がないという認識である一方で、今回の天皇陛下に対しての発言は暴言であり、大統領として恥じるべきとの二つの思いに揺れて、在日同胞の皆様は複雑な思いではないでしょうか。時代を動かし政治経済を動かしていくのも原動力は人間の心であり国家を代表する総理の政治姿勢にあります。強い意志を持ち何事にも恐れず必死に努力することがリーダーに必要であると考えさせられた旅でもありました。

| 2012年8月31日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年8月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター