人生には上りの坂があれば下りの坂もあり、まさかの坂もあると言われるように、私は正にまさかの坂に遭遇し死と向き合う体験をしました。今では、癌という記事が大変気になり癌の恐ろしさを知ることが出来ました。私はこの体験を通じて知り得た事を皆さんに伝えていきたいと思います。
現在、胃癌で亡くなる方が年に5万人いると言われます。男性では胃癌が最も多く、女性は乳がんと言われています。胃癌は早期発見できれば十分治療が出来る病気と言われています。その為には早期発見することが大切です。皆さんも特に中年になったら、癌の定期健診を受けていただくように心掛けて下さい。しかし、定期健診の重要性は分かっていても、なかなか一歩踏み出せないのが不治の病といわれる癌の検診です。命は自分だけのものではありません。私は今回、命は家族のものと意識し健康であり続けることの大切さを身をもって感じる昨今です。私は癌になって得た貴重な体験を多くの社員の皆さんや仲間に伝えていくことが、これからの人生の使命と考え、必ず健康を取り戻し皆さんに伝えていきたいと思います。そして、私のこれからの生きがいは、自分で体験したことを何か一つでも役に立て社会にお返し出来る事に喜びを感じていきたいと考えております。「病気になっても病人になるな」という言葉があります。年を重ねることにより、人生の喜びを感じることが沢山あると思います。私は辛いことや苦しいことを前向きに捉え、皆さんと一緒に過すことが出来ることに喜びを感じ、意志ある人生を送りたいと思います。

| 2012年7月25日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター