創業50年、金婚式を迎え新しい一歩を踏み出す一年と心して、皆さんと一緒に有意義な人生を歩んで行きたいと思います。癌にかかり悩み苦しみもしました。神のご加護を受け、元気で過すことが出来ることに感謝しています。また、世の中には癌患者が多いことに驚いています。これは私が癌にかかり癌患者を意識するようになったからわかる事です。健康も仕事も何事も意識するから行動に移っていくのです。不治の病と言われる癌にかかり空しさも感じます。しかし、他人の心の痛みも一層強く感じるようになりました。社員一人ひとりの健康の大切さが多勢の社員や家族を守ることになるのです。苦労や挫折を乗り越えることの大切さ、企業の社会的責任の重要さを改めて知る昨今です。過去を振り返れば、従業員の満足度を上げると言っても、会社の規模が小さい内は、なかなか出来ないものでした。従業員の満足度は企業力の大きさと共に変わっていくのです。しかし、厳しい時代を迎えております。このような時代ですから、企業間の格差は広がっていきます。厳しさを耐え発展していくには、皆さんの成長が基本となるのです。それには、仕事や人生の目標を持つことです。それを実現するには、今、何が必要か、改善すべきは何かを検証し提案する社員の皆さんであっていただきたい。そして、小さなことを地道に積み重ねていくことです。人間として成功するには、人間力を身に付けることです。人間は人の間と書きます。人の力を借りることで成長し、成功の道を切り開くのです。人間は一人で生きて行くことは出来ないのです。他人の痛みを知ることの出来る人であって下さい。

| 2012年7月 6日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター