「時は金なり」と申しますが、お客様が今何を必要としているかを理解する感性を磨き、お客様の為に常に労を惜しまず取り組んで下さい。当社の発展は社員一人一人の努力の賜です。しかし、これだけで良いものでもありません。経営とは戦いでもあるのです。それは他社ではなく自己の弱い心を克服するための戦いです。毎日やらなければならない仕事が山ほどある人もいれば、時間から時間迄やれば私の仕事は終わりと思って帰る人も世の中には沢山います。どんな多忙な人も、自由気ままに暮らしている人も24時間という時間は同じです。過ぎ去った過去は戻って来ないのです。平等に与えられた時間という資源を如何にうまく使うかが人生を左右するのです。「仕事が良く出来る」と思われる人は時間の使い方が上手く、自分のおかれた役責に責任を持って取り組んでいる人です。時間を有効に使うには、無駄をなくし、しっかりスケジュールを立て行動することです。そして仕事の優先順位を決め行動することです。
部下は常にリーダーを見ていると心することです。気付いた人がリーダーです。その為には自分自身を知ることです。上司は自分の仕事の他に会社の為や部下の為に、先を見て何をやるべきかを考え行動することです。仕事を任すことが出来る部下を育てるのがリーダーの大切な仕事と理解して下さい。「忙しい」という字は、心が亡びると書きます。忙しいと愚痴を言っている人は、自分を駄目にしているのです。うまく時間を使いこなすことが大変重要です。

 

| 2012年6月25日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年6月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター