創業50年を迎え、家内と二人で事業を始めた当時が懐かしく想い出されます。「世のため、人のためになれ」の母親の言葉を胸に秘めて上京した若かりし頃を思い出します。「光陰矢の如し」の言葉のように月日の流れの早さを改めて感じる昨今です。時は流れ50年、厳しい経済状況の中にも当社が歩んで来ることが出来た発展の道は社員の皆さんの努力の賜です。商品管理課の皆さんは、早い人では5時半に出社し仕事に付き、お客様を担当する配送の皆さんの出発が遅れないように出荷に汗を流しています。見えない所で一生懸命努力していただいているお陰で、お客様から信頼を得ることができ、発展の道を歩んで来ることが出来ました。心から感謝します。誰人たりとも無駄な人はおりません。この世の中や職場においても、雑用というものは無く、一人一人が用を雑にしたときに、雑用が生まれるのです。一生懸命に努力するところに雑用はありません。配送される皆さんにおいては、お客様を訪問した際、「心から繁盛するお店であっていただきたい」と常に意識し、元気で明るく笑顔でお客様と接し、「愛和の誰々さんは、とても素晴らしい」と言っていただけるような行動に努めてください。お客様は常に丁寧なサービスを求めているものです。それに応えるためには、これまでの実績を積み重ねてきた諸先輩の苦労に感謝しつつ、お客様の喜ぶサービスを心掛けるよう努めていただきたい。そして、当社の目指す経営理念を忘れず、忙しい時こそ丁寧な挨拶を大切にと、自らに言い聞かせ仕事に取り組んでください。
営業配送の皆さんは、「会社を代表している一人」と心掛けるよう心からお願いします。

| 2012年6月13日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年6月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター