先進国と言われた国々が大変厳しい時代を迎えております。国や政治が悪いと言っても、誰からも助けてもらえません。責任ある姿勢や行動が大変重要です。国民一人ひとりが、自己に厳しく他人を思いやる心を持ち、いつも明るく、にっこり笑うこと、他人の身になって考えること、自分に恥じない行動をするように心掛けることです。常に自分に恥じない人生を過すには、意識して人間性や人柄を磨くことです。明日は明るい日と書きます。今日は昨日の単なる延長と考えてはいけません。絶えず何かに新しく取り組む姿勢が会社を発展に導くのです。これまで経験して来た仕事であれば楽にこなし失敗することもありませんが成長もありません。人生の生きる喜びも面白味もなく達成感もありません。苦しみと楽しさは表裏一体です。苦しさが無ければ楽しさも少ないですが、また反対に苦しみが大きければ楽しみも大きいのです。どんな難しい仕事であっても思い切って全力で取り組んでみると周囲の皆さんの協力を得て出来るものです。「火事場の馬鹿力」の言葉のように、難しい場面に遭遇すればするほど、潜在能力を発揮することが出来るのです。それには常に他人を思いやる心を持つことです。
当社においては、新年度を迎え職場の異動が行われます。しっかり前向きに捉え、やり遂げて成長していただきたい。何事においても、出来ないと思う前に自らが進んでやろうとする精神を持ち新しい自分を切り拓いていただきたい。

 

| 2012年6月11日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年6月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター