今年は5月13日が母の日でした。私は改めて子供の頃の母親を想い出し、終戦後、食べることにも苦労した時代に畑仕事や大勢の子供の世話で休む暇もなく働き続け、104歳をもって天寿を全うした母親の仏前に手を合わせ心から感謝する一日でもありました。私の母は平成10年9月15日の敬老の日に蝋燭の火が消えるように静かに亡くなりました。また、私が15歳の秋に父親が突然脳梗塞で亡くなり、私の人生も一変したのです。私は進学を諦め郷里を後にし、父の知り合いを訪ね、東京上野で第二の人生を始めました。母は15歳の末っ子を東京に送り出すのに大変心を痛めたことと思います。感慨深く振り返る思いです。「親を想う心、その心に勝る親心、今日の訪れ何と聞くらん」の吉田松陰の言葉が思い出されます。我が郷里では100歳を超えた人は私の母親が初めてで、町をあげお祝いとして大勢の皆さんに通夜・葬儀に参列していただきました。母は厳しい時代を生き抜き父親の元にいき、私達を天国から見守ってくれているものと思います。改めて母親に心から感謝する思いです。
時代も移り変わり親が我が子を殺すというような時代です。心の空しさを感ずる昨今です。また出生率や赤ちゃんの体重も1975年を境に減り続け、痩せた妊婦が増える傾向にあることが指摘されています。それは母親が出産後もスリムな体形を維持したいという美容願望の高まりがあるからといわれます。親は我が身を捨て一生懸命に子供の健やかな成長を願うようであっていただきたいと、心から願う思いです。

| 2012年5月16日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年5月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター