戦後67年、日本は、経済の発展を遂げ先進国として世界に君臨して参りましたが、この20年はバブルが弾け政治経済共に自信を失い、未だ回復の兆しが見えず凋落の一歩をたどっております。また、これは日本に限らず先進国と言われた国々も同様で大変厳しい状況下に置かれております。
当社においては、何がなんでも成長し、従業員の雇用を守る仕組みを会社の発展の基本であると考え頑張っていただきたい。従業員の成長なくして会社の発展はありません。将来は消費税も15%、20%の時代が参ります。日本の不景気の要因は、ここ数年来の円高によって輸出産業である大手企業が赤字に転落し、消費が低迷するなどいろいろあります。また、我々を取り巻くホール業界では中小のホールが大変厳しい時代を迎えております。時代に適応する経営について考えることが必要ではないでしょうか。世相が厳しいと言って改善されるものでもありません。原因はホール内部の危機感のない従業員のモチベーションの低下であり、これが経営の悪化に繋がっているのではないでしょうか。
当社においては、今こそしっかりふんどしを締め直し、ホール業界の発展に貢献する努力が必要です。それには、職場の人員、仕入れの在庫、売掛金、滞留商品の点検、返品処理のミス、非効率な配送、ファックス1枚等においても、改善する意識を持ち続ける風土が大変重要です。目の前の利益が流失していることに気付かず見過ごしていることがないか等、発展するかどうかは意識の持ち方に左右されます。利益は社員一人一人の心の持ち方で大きく変わるのです。

| 2012年4月27日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年4月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター