年末だ、正月だと思っていたら桜の咲く4月を迎えています。年を取りますと一日一日の時の流れの早さを改めて感じる昨今です。46期も残り3ヶ月です。売上と利益の数字は皆さんの努力を表します。厳しい時代背景にあるものの、今期も多くのお客様に支えられ目標数字の達成が出来るものと確信いたしております。売上と利益は社員への評価を表しますが、会社の売上利益評価は、金融機関に大きな影響を与え企業を左右するのです。一方、情報による評価は、「評判」のことであり会社の経営姿勢や社員一人一人のお客様に対する姿勢が評判となって結果的に会社を左右するのです。社員の評価は、営業であれば売上と利益を達成することで高まりますが、会社の信用という評判は長時間かけて築かれるものであり、一度落とした信用を高める為には多くの時間が必要です。社員一人一人の努力が信用信頼そして組織力の根源なのです。リーダーは信頼をつくり出すのは「自分」と自覚し、実践し模範となっていただきたい。
当社は皆さんの努力によって創業以来一度も赤字を出すことなく会社運営することが出来ました。これも社員一人一人の努力によるものです。私は創業当時から一番大切にしてきたのが、「自己に厳しく他人に寛大たれ、約束を守ること、嘘をつかない、間違ったことをすれば謝り改めること、人の悪口は言わない、他人に迷惑をかけない」ということで信用というものを特に大切に歩んで参りました。要領ばかり良くて楽して利を得ようとするタイプの集団では、多くのお客様から信頼を得ることはできません。信用を築き上げるには何十年もかかりますが、信用を無くすのは一晩で無くします。しっかり心して頑張って参りましょう。

| 2012年4月 4日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年4月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター