一度しかない人生です。社会に貢献できる自分であり続けるためには、如何に日々の生活を有効に過すべきかと改めて考える毎日です。それは、この度の病で人は生きているのではなく生かされているのだと改めて悟ったことによります。もし私の病の発見が半年遅れていたら、あるいは手遅れとなり余命半年と宣告されていたのではないかと思います。今、元気で仕事ができることに心から感謝する思いです。
朝元気で良い目覚めをすることに感謝し、仏壇に手を合わせ一日一日を大切に過しております。皆さんも健康で働けること、目の前に置かれた食事が何不自由なく食べられることに感謝し人生を歩んでいただきたい。
「時は金なり」の格言のように、職場や私生活において時間を有効に使っていただきたい。今やろうと思っていることが、本当に最も大切なことかを確認した上で、最も大切なことをすぐやることです。そうでないものは後でやるという習慣を身につけることが大変重要です。時間は我々が生きていく上で一番大切な資源です。この時間という資源は、他の資源と違って使わなくても平等に消えていくのです。年を重ねますと若い時と違い一日一日の時の経つ早さを感じます。当社が発展の道を歩んで来ることが出来ましたのは、社員の皆さんの労を惜しまず時間を大切に使い頑張っていただいているお陰です。時間を有効に使わないということは、与えられた時間という資源を無駄にしていると肝に銘じることが必要と思います。
私は一週間の出来事を振り返り日曜日にブログを書き添えることを大切にしております。お陰様で自己満足でございますが、10年余り書き続けて参りました。これが出来るのも社員の皆さんのお陰と感謝申し上げます。

| 2012年3月23日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年3月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター