病院で過す日々を、休養という機会を神から授かった時と前向きに捉えています。限りある人生を意義ある生き方をするよう心掛けて参ります。
人は生きているのではなく、生かされているのだと、改めて感じる思いです。家族や多くの社員の皆さんに支えられ今日まで元気で過すことが出来ましたことに、心から感謝申し上げます。「健全な精神は健全な身体に宿る」の言葉を肝に銘じ、一日一日を大切にして参ります。そして、この度の自らの体験や経験を活かし、皆さんに健康で生活することの出来る喜びについて伝え、社会に役立つ人間として頑張って参ります。
さて、私の目に留まった言葉に「ビジョナリーカンパニー」があります。この言葉を当社の皆さんにも理解していただきたく書き添えました。それは、理念を掲げて変化に挑み、50年以上優良であり続ける企業のことです。それにはビジョンを持つ企業であること、未来志向の企業であること、先見的な企業であり、同業他社から広く尊敬を集める企業であることです。そして、人財の育成、他人を思い遣る豊かな心を持つこと、人間性を高めること、顧客を他の何よりも優先することが大切です。
厳しい変化の時代、管理職の方は人を引き付ける魅力や感動させる人であって頂きたい。人間は人と人との間と書きます。人に嫌われ相手にされなければ価値ある人生とは言えないのです。「運」とは向こうからやってくるものではありません。限りある人生をしっかり運気を引き寄せ生き抜いていただきたい。

 

| 2012年1月27日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2012年1月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター