日本経済も大きな転換期に差し掛かっております。企業間の格差も一層激しく、正に下りのエスカレーターを一生懸命駆け登っているような時代ではないでしょうか。このような厳しい中にも当社の皆さんは大変頑張っていただいておりますことに、一年を振り返り、心から感謝申し上げます。
皆さんのお陰で取引先や関係各位の皆様方にも評価いただく会社に成長して参りました。しかし、気を許すことのできない厳しい状況にあることも事実です。お客様の繁栄なくして当社の発展もありません。成功は、一日一日の努力の積み重ねによって初めて可能になるのです。しかし私達の一生は長く、一日を軽く考え無駄にすることも多いのです。今日一日ぐらい努力しなくても、結果はあまり変わらないのではないかと、真剣に仕事に取り組まなかったり、明日という日があるということで、今日しなければいけない仕事を先延ばしにしたりすることで、一日の差が積もり積もって大きな差となり、人生を大きく左右するのです。今日という日は二度とないのです。有意義な人生を過すには、今日一日を最大に活かし、それを積み重ねていくことが絶対条件と心していただきたい。
一日の仕事の成果は、朝で八割が決まると言われます。リーダーの使命は社員の動機付けにあるのです。やる気・動機付け・モチベーションを高める為に如何にあるべきか、しっかり考え行動する習慣が自らを変えていくのです。どんな動機付けでも上司から命令されたり、やらされるのではなく、自らが今日一日の仕事について考えて出社し、自分から進んでやることで意欲も高まり大きな成果が生まれるのです。

 

| 2011年12月28日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年12月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター