今年は暑い毎日が続き、夏の疲れの影響もあり腰の痛みや膝の痛みを感ずる日々が続いておりました。先般、病院を退院し、ホテルでマッサージを受けていた時、その先生が「膝の痛みは胃に直結し大きな負担をかけましたね」と言われました。痛みがストレスと共に胃に負担をかけ、出血をしたのだと改めて自分の体を知る思いでした。足や腰などの身体の鍛えは運動によって強化することが出来ますが、内臓は鍛えることが出来ません。内臓にはバランスの良い食生活が大きな影響を与えます。親の遺伝は25%で、食生活の習慣が長生きの75%を占めると言われます。免疫力は18歳くらいから下がり始めると言われます。免疫力が下がると風邪を引きやすくなるのです。予防する為には、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチなどの乳酸菌を摂る必要があると言われます。「物は頭で食えよ、仕事は体で覚えろ」と母親が申していたことを思い出されます。
人間の身体には何一つ無駄な細胞はありません。どこか一つでも悪いところがあると神経細胞は傷つき病に陥っていくのです。それを防ぐには、病に負けない強い勇気、気力が大きく影響する気がします。「想えば叶う、念ずれば花開く」の言葉のように強い精神力の大切さを感じます。
人間の身体にも無駄なものは何一つなく、会社においても誰一人無駄な人はおりません。皆さんそれぞれの役目があって会社は成り立っているのです。皆さんの健康なくして会社の発展もありません。皆さんも健康に十分気をつけていただきたいと思います。

| 2011年12月12日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年12月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター