私が事業を始めて50年、今までの人生の中で人に言えない多くの失敗もして参りました。私を「お人良し」と思う人も多くいたことでしょう。しかし、裸一貫の無一文から始めた人生です。色々あって当然です。私の人生は他人に迷惑をかけて歩んで来たものではありません。個人で他人にお金を貸し、保証人になり、辛い事や苦しい事も多く経験しましたが、その経験が私を成長させてくれました。私の失敗を社長始め幹部の皆さんに伝えることは、同じ失敗をしないで貰いたいと思う気持ちからです。
この半世紀、当社に多くの人が入社し、また辞めて行った人も多くいます。今、出会った人達が恵まれた人生を歩んでいるかと考えてみると、自分の利のことしか考えることが出来ない人では、心豊かな人生を過すことは出来ないように見うけられます。縁あって当社に入社し、社員になった皆さんも理想と現実のギャップを感じることもあると思います。上司になった人が、部下にどのような思いで接するかによって部下の未来も変わります。部下は上司を選ぶことはできません。だからこそ、上司は部下の成長に責任があるのです。部下に嫌われることを恐れて注意も指摘もできない管理職や、一度や二度の指導で改善が見られないと諦めてしまう管理職が多いという声を聞きます。子供を育てるのと同じで、10回でも20回でも言い続ける努力が上司には必要です。部下も最初から優秀ではないのです。鍛えれば必ず優秀な部下になります。部下の成長は上司に比例します。何事においても諦めず頑張っていただきたいと思います。

| 2011年12月 2日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年12月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター