50年前、私が商売を始めた頃は、品物さえあれば売れた時代でした。時代も変わり、物は溢れ、需要と供給のバランスは崩れ、ありとあらゆる産業が大変厳しい時代を迎えています。生き残っていくには、お客様に喜んで頂き、感謝される営業へと意識を切り替えることが必要です。それにはお客様の要望をしっかり聞き受け止め、満足いただく対応が必要です。
厳しい過当競争の時代です。会社の為だけではなく、自らの生活・家族を守るためにも一生懸命努力する意識を持っていただきたい。一方、会社は社員の幸せを考え、社員は会社が必要とする人財に成長していただきたい。営業の皆さんの売上目標の達成は、「誠意ある対応にある」と心していただきたい。トラブルに遭遇した場合は、相手の立場に立って誠心誠意対応するよう努力していただきたい。ところで、当社は来年創業50年を迎えます。これも先人の皆さんの努力があればこそです。皆さん一人ひとりの努力が企業の営業成績を表します。企業の品格は、長期にわたる誠実な企業経営の蓄積により形成されます。当社においては、これまでの50年間のお客様・仕入先メーカー・金融機関・社会全般の信頼や信用の上に成り立っているのです。そして、それは社員一人ひとりの業務に向かう誠実な姿勢抜きには得られるものでもありません。「信頼を築くのは自分」と自覚し、今日一日の仕事が明日に繋がるようこれからも努力して参りましょう。

| 2011年10月24日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年10月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター