私達の給料はお客様からいただいているのです。会社に利益をもたらしてくださるのは、「お客様」と、しっかり心して仕事に取り組んでいただきたい。9月・10月は例年にない異動が行われました。慣れた職場からまったく違う支店・営業所に移られた皆さんは、暫く苦労をされることと思います。諺に「苦労は買ってまでもしろ」と言われるように、「己を鍛え、磨く時」と心して頑張っていただきたい。会社で働く全社員がお客様担当と意識し、経理であろうと物流課であろうとお客様のお役に立ち、営業の皆さんの役に立つ仕事だと捉え頑張っていただきたい。
ある長野のタクシー会社では、ドライバー全員が名刺を持っていて、運転手ではなくお客様を目的地まで運ぶ担当者だから営業であると教育されているのです。会社ではお客様を担当する「誰々です」と言って名刺を出し挨拶するのです。その会社はお客様の評判も良く、ほとんど予約で客待ちする時間がないほどと言われています。当社において、配送の方はお客様に荷物をお届けする担当セールスマンと意識し、自らを名のってお届けすることで信頼をいただく配送が出来るのではないでしょうか。
私達の仕事はお客様が喜んでいただくことであると意識し、仕事をすることです。人を喜ばせ幸せにすることが出来なければ、仕事で成功することは出来ないのです。
当社は速読の勉強会もしておりますが、速読のトレーニングによって能力が開発され、より一層良い仕事が出来るようになります。良い仕事をすることでお客様に喜んでいただき、自分自身もより大きな喜びや満足を得られると意識し、日々の勉強や仕事を実践していただきたい。

| 2011年10月19日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年10月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター