先般、岩手・青森を訪問して参りました。震災によって地方は人口が減少し復興に向けた事業環境は大変厳しい状況であることを改めて感じました。
当社は首都圏に身を置き、商いをさせていただいていることに感謝する思いです。青森の駅前を見ましても、シャッター通りの言葉のように、駅前商店街のお店が次々と廃業に追い込まれ寂しい状態でした。郊外に大型店ができた影響もあると思われますが、時代に適応する経営の大切さを改めて感じます。小さな組織が大きな組織に対抗するには、「お店の特徴は何か」をしっかり検証し、結束力を高めることが大切さです。世の中のニーズに応えることが出来なければ生き残っていくことは出来ません。当社が取引いただいているホールにおいて、経営者が代わることでみごとに生まれ変わったホールを見かけます。ホールも装置産業から接客産業に変わり、接客の重要性を感じます。それにはリーダーの姿勢にかかっているのです。人は誰でも他の人に認められたい、誉められたいと思っています。人は自分を認めてくれる人や、自分のことを理解し心より受け入れてくれる人を信頼するのです。それに加えてコミュニケーションの大切さを感じます。自分を認めてくれない、誉めてくれない、理解してくれない上司には、信頼が持てずやる気も湧いてこないのです。上司は叱る前に誉めることを忘れないでいただきたい。職場でお互いの長所を知り、結果が出るまでは長所を通じて支え合い、問題点を指摘し合う風土が職場を変え、企業の繁栄へと変えて行くのです。
それには結束力を高めることです。リーダーは、して見せる努力に心掛けていただきたい。

| 2011年10月14日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年10月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター