東北大震災から6ヶ月を過ぎたものの、今だ8万人以上の人達が避難生活を続けておるさなか最中、福島を訪ねた鉢呂経済産業相が10日夜に不適切な言動の責任を取って辞任する報道に、憤りを感じずにいられません。生まれ育った我が家に帰る事も出来ず、福島から避難した子供達がいじめを受けたり、福島産というだけで販売するイベントが中止になったり、福島の皆さんの痛みをどこまで理解しているのかと、大臣の軽い発言に政治家への信頼は一層失われる重大な問題であります。復興がままならぬ状況の中、日本国民一人ひとり、東北の皆さんの心の痛みを受け止め復興に当る増税にも理解をすることが日本人として果たす役割ではないでしょうか。
昔から日本は性善説、欧米では性悪説と言われます。欧米では形あるものは必ず壊れる、絶対は存在しないと考えられ、原発大国フランスでは、テロによる攻撃やメルトダウンを含め、考えられるあらゆる最悪の事態を想定し、指揮命令系統や対応策や行動計画があらかじめ練られているといわれます。厳しい競争社会を生きる価値観の相違点を感じます。
被災者の皆さんの秩序ある行動には、外国から多くの評価をいただきました。外国では考えられない行動であると言われます。今回の大地震は1000年に一度と言われるものでしたが、今後もこの様な想像を絶する大地震がいつどこで起きるか分かりません。どの立場に置かれようと最悪の事態が起きるという覚悟が必要です。東海地震や富士山噴火を想定しリスクを直視し十分な備えができる国に生れ変わる時と考えるべきです。
「備えあれば、憂いなし」心の準備の必要を感じます。

| 2011年9月16日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年9月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター