はやぶさの歴史を調べると、2003年5月に打ち上げられ、2010年6月に7年間60億km.の旅を終え、地球に帰還したのです。「はやぶさ」が小惑星イトカワへ無事到着したのが打ち上げてから2年後で、喜びも束の間、通信が途絶えるという最も恐れていたことが起きたのです。しかし、どんなに困難な挑戦でも独創的なアイデアと情熱があれば成し遂げられると、絶対にあきらめてはいけないという気持ちで一丸となり、交信を繰り返し続けた結果、46日目に「はやぶさ」と交信が復活し、奇跡は起きたのです。しかし試練は続き、地球への帰還に向けて巡航運転開始直後、化学エンジンの燃料が空になり、このときは太陽光圧を舵として姿勢制御するという奇策に打って出、世界初の離れ業に成功し、はやぶさは地球へと舵をきったと言われます。
ベテランや若手の壁を乗り越えて独創的なアイデアを採用していた結果であったと言われます。プロジェクトメンバー達の有能さを誇りたいと申されております。「はやぶさ」から受け取ったものは日本人としての自信と希望、そして失敗を恐れない勇気ある挑戦の大切さと言われます。何事においても、小さな組織であれ予算が厳しくても、小さいなり厳しいなりに挑戦しなければ道は拓けません。アメリカのコピーをどんなにつないでも世界初にはなりません。一番を狙わないと永遠に一番にはなれません。一番を目指す熱き情熱をもって挑戦することです。それが日本であり会社の発展に必要なことではないでしょうか。

 

| 2011年8月31日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年8月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター