震災によって大変厳しい状況の中、目標には少し足りなかったものの45期も皆さんの努力と社員一丸となって頑張っていただいたことに感謝申しあげます。震災後の厳しさを前向きに捉え、この時を職場の改善変革の時と考え、社員一人ひとりの意識改革に努めていただきたい。特に昇進昇格された皆さんは、多くを学び良い影響を与えることのできる人として成長していただきたいと思います。
厳しい社会環境の時代です。ストレスが溜まることもあることでしょう。「仕事の報酬は仕事」と社長が申しておりました。常に前向きに物事を考えることで良い結果は必ず付いて来ます。古田土先生が挨拶でおっしゃっていたのが「笑顔」です。職場のリーダーは、厳しく指導する中にも相手を思いやる心と笑顔を忘れないでいただきたい。笑顔は健康の源です。楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなり周囲を巻き込むのです。笑いが免疫力を高めるというデーターも沢山出ております。老人ホームで一番大切なのは、笑うことのできる環境を作ることであると言われます。職場でのリーダーの使命は、「明るく」そして「今日も一日頑張るぞ」と言える職場環境を作ることではないでしょうか。何事もプラス思考で物事を捉えることで免疫力は確実に上がると言われます。それには、心身共に健康でなくてはいけません。心の健康なくして身の健康も長く保つことはできません。元気の基本は、やる気・勇気・元気・平気・陽気です。そして病気も気で何事も気です。気を意識しながら明るく元気に振る舞うことの大切さを感じます。元気のない人の特徴は笑顔が足りないのです。笑う習慣を身に付けましょう。

| 2011年7月 1日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年7月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター