大震災による自然エネルギーの凄さや恐ろしさを改めて知り、国民は自然と如何に向き合って生きるべきかと課題を突きつけられたような気がします。資源は無限にあるのではなく、限りがあることを改めて知る思いです。震災で水・電気の有難さを痛感しました。我々は普段から節水や節電を心掛けることの大切さを教わることができました。日頃から無駄な使い方をしていないか一人一人が自覚しなくてはいけません。被害を受けた被災者の皆さんが苦労されている様子をテレビを通じて見る度に、私達は健康で働くことができることに感謝することの大切さを改めて考えさせられます。私達は日常何気なく健康で働き生活している訳ですが、感謝を忘れずに生活することの大切さを感じます。厳しい時代背景の中にも、お客様に支えられ仕事をし、不自由なく生活できることに感謝する精神を持ち、努力することで結果を招くことが出来るような気がします。一人一人のお客様に感謝することによって、相手の為に尽くそう、お役に立とう、喜んでいただくことは何かを考え、仕事に取り組むことで、人間性や人柄を磨き、社会から評価され、企業の発展に繋がっていくのです。一朝一夕ですぐに結果が出るものでもありませんが、まず感謝する心を持ち、日々努力することで心豊かな人生を歩むことになるものです。感謝する心は無限の財産なのです。感謝は最大の美徳であるだけでなく、全ての始まりでもあるのです。

| 2011年5月25日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター