震災の影響を受け日本経済は大変厳しい状況におかれております。このような時代こそ本物が生き残る時と心して厳しい時代に立ち向かうことが必要です。
先般、私が退社する際、商品課のK課長が遅い時間にも拘わらず「震災後、久しぶりに多くの注文が入りました。ありがたいことです」と言っておりました。商品課の皆さんが一生懸命に出荷業務で頑張っている様子をみて心を癒す思いで帰宅しました。
会社にとって人材は最も重要な経営資源です。お客様の中には部下が育っていないとの声を聞くことがあります。これでいいものではありませんが、当社の皆さんは大変良く頑張っていただいていることに感謝申し上げます。世の中も大きく変わり大きな変化の時代を迎えております。皆さん一人ひとりが企業の財産です。その為には、昨日より今日、今日より明日は常に前進する意識をもって仕事に取り組んでいただきたいと思います。社員は4つに分類することができます。
1.スキルが高くマインドも高い人財。仕事が非常に良くでき、人間的にも優れていて人から信頼され、仕事に対するやる気の高い人。
2.マインドは高いがスキルは低い人材。やる気はあるがスキルがない。仕事の経験は少ないが人財になる可能性を秘めているが未知数の人。
3.スキルは高いがマインドは低い人在。仕事は出来るが自ら手を挙げて行動しない、言われるまで行動しない人。
4.スキルもマインドも低い人罪。仕事も出来ないしやる気もない。その人の存在そのものが会社に対して罪を作り信頼を失う人。
上司は部下の行動や人柄をしっかり見て指導に当たりましょう。今の社会に必要なのは人物です。

| 2011年4月11日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年4月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター