先週の金曜日午後2時46分に東北三陸沖を震源とする国内観測史に最大のマグニチュード9.0、世界でも5番目と言われる極めて強い地震が起きました。集落ごと大津波に呑み込まれ死者や行方不明者が数万人とも言われる被害状況をテレビで見るたび、一刻も早く救援をお願いしますと手を合わせて祈る思いです。当日、私は茅ヶ崎におりまして、夕刻帰る途中、戸塚区や栄区の一部停電地域を走り、港南台に差し掛かった際、停電もなく、こうこう煌々と灯る家々の電気の明るさに心から感謝する思いで帰宅しました。災害の時の灯火の尊さを改めて感じる思いです。人間とは健康な時には健康で働けることに感謝することができません。病に陥って分かるものです。皆さんも充分心して元気で働くことに感謝していただきたい。大地震の当日、当社では、営業や配送に出掛けた社員が大渋滞に巻き込まれ、帰社が深夜におよぶ者も少なからずおりましたが、最後の一人が帰社するまで幹部社員数名が残り、深夜3時過ぎに会社を閉めることができ、翌日は早朝6時からに仕事に当るなど適切な対応をとったことに心から感謝します。社員の皆さんが一丸となって対応する努力に心からお礼を申し上げます。

| 2011年3月16日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年3月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター