日曜日のテレビ番組の中で、日本と韓国の違いについて、北海道大学の名誉教授の「決断力の違いを感じます」との話を聞きました。韓国は発展途上につき創業者が経営に係わり決断が早く発展に寄与していると思います。企業においては、議論は充分行い最後にトップは決断する勇気が大変重要であり、国民性の違いを感じる思いです。
我々の青春時代と違い、恵まれた世の中になり、苦労は可能な限りしたくないという考えでは、長い人生、幸せを感じることも出来ないのではないかと思います。環境によって意識も変わっていくものです。人間の能力は置かれている環境で大きく左右されるのです。環境によって素晴らしい能力を引き出されることもあれば、せっかくの能力を潰されることもあります。「ローマは一日にしてならず」の言葉のように、当社においても来年創業50年を迎えます。これも先輩の皆さんが地道に努力していただいたお陰です。しかし、当社のお客様でも、業績の良い店舗様においても3年前と比較すると今年は売上が2割落ち、中小では平均5割は落ちています。当社が目標達成できているのも多くのお客様に支えられ今日があるのです。社員の皆さん、特に営業の皆さんは、お客様に心から感謝する思いで仕事に取り組んでいただきたい。
私が事業を始めた当時を振り返りますと、物もない、人もいない時代に、お客様の紹介を受け、新規の取引をいただいた時や、飛び込み営業で取引ができた時は飛び上がるほどの喜びでした。そして、勿論のことですが退席するときは会社やホールの玄関先で丁寧に頭を下げ、心から「ありがとうございます」と感謝の思いを伝えて帰った当時が懐かしく思い出されます。自分の努力で新規取引ができた時、大変嬉しくお客様が可愛く感じられるものです。

 

| 2011年2月28日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年2月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター