私はブログを書くようになって7年位になりましょうか。日曜日に一週間の出来事や気付いたことを書き残そうと決意したのが始まりです。更に過去を振り返りますと30年位前に大変厳しい時期があり、その時は忙しさのあまり社員とのコミュニケーション不足がありました。当時の反省から「企業の繁栄は教育にあり、価値観を共有する風土を創ろう」を目標にして参りました。7年前に私が一歩引き、会長職として若い社長や皆さんに託すことが必要と決意し、私の思いを後世に残すためにブログを書き始め今も続けています。
会社とは社長や部長・役席者が偉い訳ではありません。最も偉いのはお客様であり、当社であればお客様と接する営業・配送の皆さんであると自覚しなければなりません。そしてリーダーは若い営業の皆さんが高いモチベーションで働けるようサポートすることが仕事であると意識し、「して見せて、言って聞かせて誉めること」に心掛けなくてはいけない時代です。リーダーのために部下がいるのではなく、部下のためにリーダーがいると考えることが必要です。リーダーは職場の模範として働くのだと決意し、お客様や部下のために役に立つことを第一として、努力する風土がなければ厳しい時代勝ち残っていくことは出来ません。
経営者は、お客様や業界の動向を見極め、経営者間の交流を積極的に進めます。リーダーの使命は部下をやる気にさせ誠意を持って接することです。何が悪いかをしっかり示し指導に当たる上司こそ、部下から信頼を得るのです。

| 2011年2月 7日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年2月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター