明けましておめでとうございます。2011年が始まりました。社員家族の皆さんが元気で新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。日本の経済は相変わらず厳しく、ホール業界も更なる二極化が進む等、時代の変化と共に経営環境も目まぐるしく変わって参ります。経営はスピードが命であり、当社の今年のテーマは、スピードとクオリティの追求です。価値に拘り社員一人ひとりが自己の行動をしっかり検証する習慣が大変重要です。一方従業員にとって支えになるのは、「この社長だったら付いていける」「この上司だったら一緒に夢を追いたい」という思い以外にないと言っても過言ではないと思います。各々経営者の真価の問われる年になると思われます。
今年の干支は、辛卯(カノトのウサギ、シンキンのウサギ)であり、「辛(カノト)」という字は鋭い刃物で刺すこと、転じて刺すような痛い感じを意味します。しびれるような辛さとか、身にこたえるような辛さを表現すると言われます。今年は様々な問題が生じることが暗示されるのです。
日本という国が徹底的に鍛えられる年になり、同時に政治家・財界人も役人、国民も心身共に鍛えられる年になると思われます。まさに日本は今、夜明け前の暗さの真っ只中にいるのです。2011年は「辛(つらさ)」が象徴するような厳しさを覚悟することが必要と思います。其の為に第一、何があっても人のせいにしない事、すべての責任を自分が持つ覚悟で臨む。第二は、辛いときや困ったときに感謝の言葉を何度も口にし「陽」明るい言葉を多用して福をたぐり寄せる。第三に、マイナス情報「陰」の情報は極力触れないこと。不必要なくらい情報を断ち切ることが肝要。第四に、心の次元を高めること、心の次元が高まると視野が広がり運気が高まる。第五に、大きな夢を持つこと、躊躇せず大きな夢を描けば必ず一部でも実現するのです。
想えば叶う、念ずれば花開くのです。頑張るところに必ず明かりは射すのです。

| 2011年1月 5日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2011年1月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター