今年も大過なく、健康で無事年末を迎えることができますことに感謝する思いです。厳しい社会、あまり良い話を聞くことが出来ない年でしたが、社員の皆さんが、それぞれの役割をしっかり実践し、お客様のお役に立つことを基本として頑張っていることを何よりと感じています。
私は70歳を過ぎてなお健康で働くことができることに感謝しています。私は皆さんが元気でかつ笑顔で働いている姿にもっとも心を癒されるのです。ですから私の健康は、会社が健康であることと言っても過言ではないのです。
健康なる企業体質を維持し続けるには、お客様の声や意見に耳を傾けることです。職場には優秀な先輩が大勢います。「三人寄れば文殊の知恵」と言われます。一人よりは二人、二人よりは三人と大勢で考えるほうが良いと言うことです。テーマを決め真剣に話し合うことです。皆さんが自発的に会議を開き話し合うことで連帯感が生まれ、生き甲斐のある職場と変わっていくのです。
大正・昭和の教育家として知られる後藤静香さんの有名な「本気」という詩がございます。「本気ですれば、たいていの事はできる。本気ですれば何でも面白い。本気でしていると誰かが助けてくれる。幸福にするために本気で働いている人間は、みんな幸福で、みんな偉い。」
ある会社は全員が、この詩を机の上に貼り出し毎日読んで「本気」になって仕事に取り組んだところ、業績が大きく伸びたと言われています。一度しかない人生です。本気で何事にも取り組むことで必ず道は開かれます。来年は、この詩を皆さんがしっかり心に受け留めて、お客様に更に信頼をいただく企業を目指して参りましょう。

| 2010年12月29日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年12月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター