時代は大きく急速に変化し、時代の流れに対応できない企業は取り残されていく世の中です。その為には、社員一人ひとりの意識改革が大変重要です。当社の社員の皆さんは、朝早くから夜遅くまで頑張っていただいていることに感謝する思いです。
日本は平和ボケの影響か、経済もスポーツも共に新興国であった国々に追いつかれ追い抜かれている現状です。下りのエスカレーターを必死に駆け上がるような時代です。ここ数年、企業間の格差が一層激しくなると思われます。
皆さん一人ひとりの成長なくして企業の存在を考えることはできません。言われたことはやるが、言われないことはやらない、指示待ち人間であってはいけません。孵化したばかりのヒナ鳥は、常に口ばしを大きく開け親鳥の運んでくるエサを待っているだけの存在ですが、成長するに従って自らエサを探す為に巣立っていくのです。与えられた仕事を処理することが仕事ということではありません。このような意識は、仕事を作業と混同していることから発生するのです。接客する職場において、そのような考えではお客様から感謝されリピーターを増やすことはできません。
仕事は単なる作業ではないのです。仕事とは、お客様のお役に立つことによって、新しいお客様に派生していくのです。自分自身から積極的にお客様の立場に立って考えて仕事をする意識こそが生き残る基本です。そしてお客様に感謝されるよう努力していただきたい。

| 2010年12月20日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年12月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター