厳しい時代こそ「ホウレンソウ」の大切さが身を以って感じます。私はどちらかと言えば、せっかちな性格で失敗した事は沢山あります。私が元気で皆さんと一緒に仕事が出来ることは「自己に厳しく他人に寛大たれ」の教えを受け可能な限り実践したお陰ではないかと思います。
職場においての連絡とは、特に同僚・他部署・取引先といったヨコ型のコミュニケーションを言います。連絡とは上司に指示されて関係者に知らせる義務としての連絡で、義務としての連絡は必ずしなければなりません。もう一つには、知らせたい・知らせたほうが良いという具合に義務を伴わない気を利かせた連絡があります。自由意思にゆだねられる気を利かせた連絡は、部署内の風通しが良くなり、信頼関係の構築に繋がるのです。
相談とは自分が判断に迷うような時に、上司や先輩に参考意見を求めたり聞いたりすることです。しかし相談する際には、自分なりの考えを持って相談することです。「下手な考え休むに似たり」という言葉があります。どうしたら良いかを考え報告・相談に臨めば上司も一から考える必要がありません。自分の意見や解決策をもって報告・相談することで信頼は一層増すのです。「蟻の穴から堤も崩れる」という言葉のように大事に発展することになるのです。気になることがあったら勇気をもって相談することです。「便りがないのは無事の知らせ」と言いますが、報告してくれない部下に対しては、なぜ報告してくれないのかと思うのです。
仕事の最終責任を負うのは、上司であり経営のトップなのです。

 

| 2010年11月22日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年11月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター