先週は九州博多に本社を置くT社の創立15周年記念ゴルフコンペ並びに記念式典に参加させていただきました。経営者の謙虚な人間性と人柄に触れ、企業が発展するにはトップの経営姿勢にあることを改めて感じました。「身に付けるべきことは何か」を学ぶべき時にしっかり学ばれ、僅か15年の期間に冠たる企業を作り上げられたことに敬意を表す思いです。仕事であれゴルフであれ、自らの「目標達成が出来ないのは何か」を検証する大切さを改めて感じる九州の旅でした。
厳しい時代だからこそ、今何を必要としているのか、なぜこれをやらなければいけないのか、どうすべきかを自ら考え目標設定し、周囲を巻き込み、部下の育成に努め、成果を上げるためには自分がすべきことは何かと、常に意識する習慣を身に付けていただきたいと思います。
5年先のあるべき姿と現状の課題は何か、会社の方針や上司との間で共有した認識がなければ売上達成することも出来ません。会社の課題を自らのものとして考え、周りを巻き込み一丸となって目標達成にむけて挑戦していただきたい。
何事も前向きに捉え努力するところに仕事の喜びがあり人生の幸福に繋がるのです。

| 2010年10月29日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年10月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター