「段取り七歩・仕事三歩」と言われます。一年の計は元旦にありと言いますが、一日の計は前日にあると考え行動する人であっていただきたい。段取りの良い人は必ず仕事が良く出来る人です。
職場においては、ちょっとした気遣いの出来る人は多くの人の模範となる人です。仕事は誰かの為にするのではなく、自分自身の為にするのです。
厳しい時代、社会から評価される人財は、自己に厳しい人であり、信頼をも勝ち取るのです。目標を達成する職場においては、リーダーの強い責任感が職場を変えていくのです。リーダーは、多くの社員の生活を守る為に熱き想いを部下に伝え、部下に対して職場の改善について積極的に発言する意識を持って仕事に臨んでいただきたい。良い部下とは、「お客様や上司が何を求めているか」を察知する能力の高い人です。人生は「悔しい」と思う数に比例して成長するものです。皆さん一人一人の成長が会社を発展に導き、ひいては社員家族の幸せに繋がるのです。社会人である限り、自分の仕事に責任を持ち「彼なら安心」と言われる人であっていただきたい。
その為には職場の中で目標とする人を持ち、教えを受けることです。プロとは常に学び積極的な行動で信頼を勝ち取る者であり、だからこそ必要な人財として社会から評価されるのです。
10年間連続200本安打を達成したイチロー選手は、アメリカ球界でも別格と言われます。デビューから連続で達成した業績と技量は、もはや伝説的な選手として語りつがれることと思います。

| 2010年10月 1日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年10月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター