我が人生を振り返り、104歳で亡くなった母親のことが思い出されます。母親が口癖のように「若い内の苦労は買ってまでしろ」「物は頭で食えよ、仕事は体で覚えろ」と申していたことが今でも思い出されます。私の若い頃は苦労と思って仕事はしておりませんでした。当然のことと思い子供の寝顔を見ながら仕事に出掛け、寝顔を見ながら寝たものでした。時代も変わり恵まれた世の中ですが、100歳以上の方で身元不明が350名いるとのことです。人を思いやる心、家族の絆の軽薄さを感じます。
社員一人ひとりの成長なくして会社の発展はありません。自分の成長に最大の責任を持っているのは自分自身です。会社や上司は一人ひとりの社員に対して成長する機会を提供することはできますが、その機会を活かすか活かさないかは本人自身です。部下を如何に活かすかは上司の指導に掛かっているのです。「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人生が変わる、人生が変われば運命が変わる」のです。私達の日々の行動によって人生は変わるのです。たとえば、嫌な人と出会った時に自分から進んで挨拶するか否か、細かい一瞬の判断で人生が変わって行くのです。
先般、私と社長をはじめ幹部の皆さんとある会合に参加させていただきました。参加した皆さんの気遣いで、多くの方々と大変良い触れ合いが出来、社員一人ひとりの成長を強く感じた一時でした。
皆さん一人一人の一歩踏み出す努力が人生を大きく変えて行くのです。

| 2010年9月15日 水曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年9月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター