半世紀を振り返り、浅学な私が多くの皆さんに支えられ、今日迄の発展の道を歩んで来ることが出来ましたのも、多くのお客様・社員の協力や努力の賜物です。しかしホール業界は大変厳しい時代を迎えております。
世の中の景気が悪くても、ホール業界は大丈夫と言われた時代もありました。時代も変わり、内外の景気のムードに大きく左右されるのです。しかし私が商売を始めた頃は、金は無い、物は無い、人はいない、無い無いづくめでした。お陰様で発展の道を歩んで来ることが出来たのは、私が心に深く留めていたことがあるからです。それは、お客様の役に立ちたい、人を裏切らない、約束したことは守る、無責任なことは言わない、人の悪口は言わない、相手によって態度を変えない、言われなくてもすべきことはする等を意識して人生を歩んで参りました。
時代も変わり、幹部の皆さんに必要な心得としてトップとパートナー(即ち会社では幹部・家庭にあっては奥さん)は一枚岩であることです。
夫婦であるならば、愛し合うとは二人で見つめ合うことではなく、二人で同じ方向を見て人生を歩むことです。「人を立てれば蔵が建つ、人を立てなければ腹が立つ」人を立てて人生の花を咲かせましょう。会社では会長・社長・役員が一枚岩であることです。目指す方向に対して、社長・役員は一致していることで、お互いに尊敬の念を持っていることです。
組織とはトップと役員がスクラムを組み、価値観を共有し努力することで、社員は安心して上司に付いて行くのです。

 

| 2010年8月30日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年8月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター