会社という組織はリーダーの存在が大変重要です。戦後六十五年、高度成長期と違い、成熟した社会となり物は溢れ、有りとあらゆる事で恵まれた時代になりました。あらゆる産業は過当競争に陥り組織は、一人の優れた経営者のリーダーシップに頼っているだけでは、将来の発展はないと自覚することです。組織の中では課せられた職責に応じ、様々なリーダーシップを発揮する人が存在することが大変重要です。
当社の今の課題は、社員一人ひとりがトップや上司の指示を待つのではなく、自律し上司から学んだ事を自発的に考え行動に移すことです。周囲の人に良い影響を与える人になる為には、上司やお客様の意見に耳を傾ける努力が必要です。時には部下の意見を取り入れる寛大さも必要です。地位や肩書きだけで部下に対して威張るような幹部であっては、真のリーダーシップを発揮することやチームワークを高める事は出来ません。
リーダーシップとは、行動に対して共鳴し同調し、一丸となって行動することが出来るか否かです。その為には、信頼する部下との考え方の摺り合わせが大切です。孔子の言葉に「もつべき腹心は自分の利、目先の利益に捉われない者であり、目先の利益に一喜一憂する者は必要としてはいけない」とあります。お客様であれば目先の利益に捉われることなく、しっかり見極め、お役に立つことをもっとも喜びとする努力を忘れないでいただきたい。

| 2010年8月23日 月曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年8月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター