この度の沖縄訪問では、沖縄所長の段取りの良さに大変感銘し、感謝する旅でもありました。短い時間を有効に使い活動することが出来ました。
沖縄と言えば、普天間基地の移転に揺れ動いております。昭和47年5月15日に日本に返還されたものの、沖縄の皆さんには日本の為に多くの負担を担っていただいており、沖縄県民の皆様に感謝する思いで訪問しております。沖縄の経済も大変厳しい状況にあります。一日も早く日米合意の基に移転先が決まるのを願わずにはいられません。
この度は一年に一度の家族のふれあいの旅で、昨年に引き続き、那覇市から船に乗り32キロ1時間で、世界で三番目に美しいと言われる海水に恵まれた渡嘉敷島に行って参りました。渡嘉敷に行くきっかけは、当社のお客様がこの島にペンションを作られたことです。島で二日目の夕刻は、社長が那覇市内からケーキを持参し、孫達と一緒に、私と家内の誕生日のお祝いをしてくれ大変感激した一時でした。また、このペンションに宿泊されているある金融機関の上席調査役のH様と、家族共々お付き合いさせていただきました。このように楽しい旅行が出来ますのも社員の皆さんが頑張っていただいているお陰です。
経営者と社員の出会いは、水と魚のようなもので、両者の呼吸がピッタリ合うと必ず会社も発展すること間違いありません。徳は事業の基なりと申します。経営者であり役員は絶対に人徳の徳が必要です。力で従わせるのではなく、心から喜んで働くことの出来る企業風土の大切さを感じます。

| 2010年7月30日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年7月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター